ミニマリストになりたくて

「片付け」や「3人の子育てについて」「ゆるいスピリチュアル」をメインに書いてます♪

メンタルの弱さを露呈した持久走大会

スポンサーリンク

先日、小学校の持久走大会がありました。

 

去年1位の娘は、受験のためにテニスを辞め体力が落ちている。

さらには燃え尽き症候群のように、1位へのこだわりが消えている。

でも周りは

「今年こそは抜かす!!」

とライバル視してくる。

1位は無理だと日頃の練習から感じていた娘は

1週間前ぐらいから毎晩泣いていた。

 

持久走大会が怖い

 

プレッシャーに押しつぶされていました。

今まではトップに立てない悔しさを散々思い知り

今度はトップでいることの辛さを学んだようです。

 

泣いているヒマがあるなら、腕ふりなり、朝走るなり

何かしないとどうにもならないよ!!

と伝え、残り4~5日。

ちょっとは走って気持ちは落ち着きましたが結果は4位。

本人はその結果を受け止めておりましたが・・・

 

1、2位には思い切り差をつけられました。

来年はもっと体力が落ちているだろうから心配です。

ただ、本人としては来年は追う立場なので気楽な様子。

さすがに3位には入りたい!ということで、持久走翌日からずっと走っています。

 

別に正直何位でも困らないんだけど。

こんなところでびびっていたら受験の当日のプレッシャーなんて・・・

考えただけでも恐ろしいです。

今回のことを糧に強くなってほしい・・・

親が思うのは、ただそこひとつだけです。

6年生でリベンジできたら、受験に弾みがつくんだけどな~。

 

ちなみに、期待したいけどするのが怖かった長男。

たいして努力もしていないのに、恐ろしいプラス思考で自信がある様子。

結果、去年より5位アップ!!

よかったよかった。

去年の自分に勝てたね!

自信につなげてほしいです。

 

親も情緒不安定な娘と過ごした一週間。

そして当日。

なんとも複雑な気分で過ごしました。

受験直前になったら、どうやって接してあげたらいいんだろう。

今から少しずつ対策を練らなくちゃ・・・

 

 

sukkirin-kosodate.hatenablog.com

 

 

sukkirin-kosodate.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする