読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストになりたくて

「片付け」や「3人の子育てについて」をメインに書いてます♪子育ては「親子で遊びながら自然と覚える」を目指してます。

「受験生すぐにできる50のこと」を読んで実践中の娘です

スポンサーリンク

たまたま見つけて借りた本。

「受験生すぐにできる50のこと」

著 中谷彰宏

 

f:id:sukkirin:20161109134537j:plain

 

まえがきに

「親に文句を言わなくなると、合格する」

と書いてありました。

ちょうど長男に勉強のことで小言を言ってしまい、やる気をなくさせてしまったタイミングで現れた娘が、長男に耳打ちしています。

 

「言い返さないで流せ」と。

結局、ケンカしたり文句を言われたりと、ストレスがたまった状態で勉強しても一切頭には入らない。

ストレスをためないためにも、親や兄弟、先生とケンカしない!

とのことでした。

でもそこまで大人にはなれない長男は

 

ママのせいで勉強しないんだからね!

 

と去っていきましたけどね。

しばらくして何となくやらなきゃまずいかな~と現れた長男に、長女がまた実験。

 

「たった3分頑張ってみなよ。」

 

と。これも本に書いてありました。

3分集中できたら1時間集中する力があるそうです。

集中力大と、集中力中 という感じで度合いは変わりますが

途切れさせない、集中力ゼロにしないことが大切です。

 

娘の言う通り、弟は3分やりました。

「頑張ったね、もうやめていいよ」

と娘が言うと

「いや、もうちょっとやるわ。たいして進んでないし」

と、やけに素直!!

 

娘は本の通り実践したら効果があるという結果を目の当たりにし、ニヤニヤ楽しんでいました。

私は、つい小言っぽく言ってしまう自分に反省・・・

 

ネガティブな長男の言葉には、いらいらしちゃうんだよね~。

でも親なんだから、もうちょっと感情を殺してうまく導かないとね。

 

他にも娘にはヒットする内容が多かったようです。

さらっと読めるし、受験生じゃなくても学生さんなら読んでみてはどうかな?と思いました。

親の言葉は耳に入らなくても、本の言葉なら素直に受け入れることができるんじゃないかな~?