読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストになりたくて

「片付け」や「3人の子育てについて」をメインに書いてます♪子育ては「親子で遊びながら自然と覚える」を目指してます。

我が子だけじゃなく、身近な子供にもうまく対応したい

スポンサーリンク

タイプが違いすぎて、なかなかうまくいかない私と長男。

エニアグラムをもう少しかみ砕いて、うまい声かけができないものかと本を読んでいました。

 

f:id:sukkirin:20170403112754j:image

 

そのうちに、朝練に来ている女の子たちのタイプが気になるようになってきてしまいましてね。

 

  • アピールしてこないので見た目にわかりにくいけど、うまくなりたいのだろうなと何となく仕草からわかるタイプ
  • ガンガン、これを教えてほしい!というタイプ
  • 言われたことをやりますタイプ
  • 自信がなさすぎるタイプ

 

教えていて面白くなってきたのが、自信がなさすぎるタイプの子です。

 

少しアドバイスすればすぐに出来るレベルのことがあるので、出来た自分に驚いてる(笑)

その子をKさんだとしましょう。

 

今朝もラリーの中で、自分はどう動けばいいのかわからずに止まっていました。

 

○○さんに誰かディフェンスつかないと❗

 

と私が叫んだら、Kさんが気づいて遠くから走ってきました。

決して足が速いタイプではありませんが、必死にディフェンスにきたら、ちょうどボールが飛んできた。

背が高いのでナイスカット(笑)

驚いてフリーズしてたので

 

すぐパス出して❗そしてリバウンドしに走れ❗

 

と言ったらその通りに動き、リバウンドしてシュート!

入った!Σ( ̄□ ̄;)

 

誰よりも驚いているKさん。

喜ぶチームメイト。きっと初めてに近い感覚だったんじゃないのかな。

これで自信がついたら伸びるだろうな~( *´艸`)

楽しみ楽しみ!

広告を非表示にする