ミニマリストになりたくて

「片付け」や「3人の子育てについて」「ゆるいスピリチュアル」をメインに書いてます♪

やめようと思ったけど、やめるのをやめた長男

スポンサーリンク

漢字検定の合格証書と点数表が届きました。

思ったよりは悪くない点数だったことに、まんざらでもない顔の長男。

 

次男にまで

 

勉強したの?

 

と日々言われる始末ですが、そんな次男

 

お兄ちゃんもお姉ちゃんも1年生からずっと漢字のお勉強をしてきたんだよ。

すごく頑張ってるんだよ

 

と長男の前で言ったところ、改めて自分の努力を思い出したのか

 

ぼく、これだけは自慢だなあ~

 

とつぶやきました。

でも漢字検定が終わった時に

 

もう今後は算数検定も漢字検定も受けたくない。その代わり歴史検定を受けたい

 

と言っていたんですよ。

ま、無理矢理やらせるのも疲れたし、それでいいよ。

と受験日に返事をしましたが、届いた合格証書を見て

 

なんか、ここで終わるのも嫌だなあ

次も受けるわ❗

 

と自ら宣言してくれました(* ´ ▽ ` *)

何かとなかなか自分からヤル気にはならない子ですが、プチ成功体験を積むとやはり変わるものですね。

 

夏休みの宿題である、強敵「読書感想文」に関しても、教えたってケンカになるから付き合いたくないわ~って思っていましたが

ラッキーなことに塾長が

 

お姉ちゃんと弟もまとめて教えてあげますよ

 

と言い出してくれまして( *´艸`)

そうとなれば、課題図書でチャレンジして、あわよくば学年代表に選ばれて自信をつけてほしい!

娘も4年で初めて選ばれて、それから作文の苦手意識が消えたしね~。

 

そんなこんなで、この夏はしっかり塾のお世話になって

 

勉強って案外面白いかも

と感じて二学期を迎えてほしいなあ。

 

と願う母なのでした。