ミニマリストになりたくて

「片付け」や「3人の子育てについて」「中学受験」をメインに書いてます♪

年長の次男、漢字の部首カルタをはじめました

スポンサーリンク

姉も兄も、幼稚園か低学年の時に部首を98枚(カルタ)覚えた。

楽しかったらしく、しょっちゅう二人で競っていたな。

私も覚えたかったから、飽きずに付き合った気がする。

 

これです


f:id:sukkirin:20180610104139j:image

 

そしてそんな過去を忘れた頃の今。

年長の次男が、最近1年生の漢字ドリルをやっています。

本人の希望で。100均だけどね。

難しいとボヤきながらも、何となく覚え始めた。

 

お!そういえば!

とカルタを出して次男と遊んでみたんだけど、10枚くらいはわかるけど、若干難しくてイヤになっている様子。うーん。

 

そんな時こそ兄の出番!

遊びの天才ですね~、勉強キライな人が教師になるといい教師になる気がした瞬間でしたわ(笑)

 

仮面ライダービルドと合体した遊び

 

山、石、はわかる次男。

そんな弟に兄は・・・

「山!石!ベストマッチ!!!!

ほらね、こんな風にふたつくっついたら漢字になるんだよ」と。

そんなことをしながら遊んでいたら、あっという間に30枚覚えてた!!

 

母の出番なしです。

ありがたいです。どんどんやってほしい。

 

こうなると血が騒ぐ姉。

長男と久々にカルタで競う。

二人をみていると、ホント低学年で暗記したことって忘れないんだなーって思うわ。

全部覚えてるもんね、二人とも。

 

娘が小さい時から、意味はわからなくてもいいから、とにかく将来的に暗記したほうがよさそうなものは遊んで教え込んできた。

高学年~中学生になって、やっとすべてに花開いてきた気がするな~。

 

国旗カード、部首カルタ、ことわざ、四字熟語(ちょっと弱い)、星座、分子・・・

ちょいちょいテストに出てくるものたち。

 

娘は来年のテストでたぶん、元素記号100個暗記をしなくてはならない。

でも実はすでに覚えている。暗記系CDをいろいろ持っているので、聞き続けているから歌えるのだ。ワッハッハ!

あとは、書けるようにするだけ。さほど時間はかからないであろう。

 

暗記系CDにも本当に助けられてきたなー。

娘のペースにあわせると、年内では百人一首を暗記しなければならない。

この暗記CDも家にあるんだよねー。

20くらいは覚えているけど、そのあと飽きちゃって進まなかったひとつ。

必要に迫られれば覚えるかな?

次男、年長にしてこちらも暗記するかしら(笑)

 

姉や兄よりハイペースで片っ端から教え込まれたら、どんだけ知識の多い子に育つのか。

一番下が賢くなるはずだよね~。

次男は姉に似た性格だから、ちょっと期待しちゃうのよね。

負けず嫌いの努力家、オレってすごいと勘違いしちゃえる自己肯定感。

将来が楽しみだわ~。