ミニマリストになりたくて

「片付け」や「3人の子育てについて」「中学受験」をメインに書いてます♪

応援団長、素晴らしかった!

無事、運動会が終わりました。

娘ほど日頃詳しく話してくれない息子なので、何かとどんな仕上がりなのかわからないまま、親は当日を迎えました。

 

団長としてもどんな感じなのかしら

セリフ覚えたのかな

体力持つかな

旗持ってグラグラしないかな

 

絶対的信頼感の娘とは対照的で、大丈夫かー?としか浮かんでこない。

やりきるとは思うけど。

 

しかしフタを開けてみれば!

常に低学年中学年に意識を向けて、そばまで言って懐っこい感じで、かつパワフルに。

もはやあなたは嵐の一員でコンサート中ですか?って感じで

 

もっとこい、もっと声出せ!

みたいにやってる。

マイクではなく、耳を傾けて

 

ファン(低学年)に大声で歌わせている。

みんなノリノリで競うように声を出し、団長の近くまできている。

 

そんな団長は、楽しくて仕方ないみたいな笑顔で走り回っていました。

 

常日頃、腹から声を出しているおかげで最後まで声が枯れることもなく、澄んだ通る声でやりきりました。

響くのよねー、この子の声は。

 

他の団員にも声をかけて、団員みんなが競技の方ばかり見るのではなくて、応援している側にも何人か向かせて盛り上げていました。

 

それが嬉しかったですね。

応援団だけの自己満足で終わらないで欲しかったから。

 

相手チームの女子団長は、とても大柄で頭も良くて、男まさりでした。

それこそ、親の前評判としてはすごいだろうなという期待の子。

一方チビで、可愛らしい印象の息子は

 

大丈夫なのー?

 

と言われていました。親たちから。

でも見た目にも小ささを感じさせなかったし、何より周りの仲間が本当にしっかり支えてくれているのがわかりましたね。

 

得点も接戦でしたが、辛うじて勝ち、優勝がわかった瞬間。

 

飛び跳ねて喜ぶかと思いきや、座り込んで動かない。

ホッとしたのかな?

低学年は飛び跳ねていて、それにつられてやっと立ち上がった感じで意外でした。

 

最後団長挨拶というのができていて、文面も考えて先生チェックが入っていたらしいのですが。

一発OKで修整なしだったそうです。

それにしちゃあ素晴らしい挨拶!

 

自分みたいにやりたいけどやれるかな?不安だなっていう人の気持ちがわかるから、その子達へのメッセージ性が出ていて。

かつ、みんなのおかげでやりきれた感謝も伝えていました。

それ大事だよね。

自分が偉い、すごいと勘違いしちゃいけない。

上に立つものとしての考え方が、少しずつ感覚的にわかってきてるかな。

先生からラスト無茶振りされて、団員とどーする?って焦ってたけど、すぐに自分で決断してやってのけました。

アドリブ早く対応できるようになったなーとそこでも感心。

 

頼りないと思っていたけれど、子供は、特に男子は。

知らないうちにたくましくなっているものですね。

親の思い込みはよくないなと反省です。

 

そんな中、次男と、同じく1年生の団員の弟(友達)ふたりは、仲良く隣に座りながら応援団の練習をしていました。

5年後彼らが引っ張っていくのかな(笑)

 

そこの家とうちは、それぞれ3人兄弟。

上4人は皆応援団やってました。

仲がいいからかもしれませんが。

それを見て育つ末っ子が、これまた楽しみです。

 

ちなみに末っ子二人とも足がめちゃ速くて、リレーも徒競走もいい走り。

このままライバルとして切磋琢磨するのかな?

運動会のために両親が来てくれました

はるばる北国から飛んできてくれました。

孫の運動会のために。

ついでに孫の中体連のために。

 

旦那は仕事なので、子どもたちと電車で迎えに行きました。

それまでの時間。

戦いよー。

 

運動会の弁当の仕込み

今夜の夕飯の仕込み

掃除、片付け

子供の勉強をみること

などなど。

 

何とか間に合わせておきました。

結果大正解。

 

羽田空港から我が家に着いたのが18時前くらい。

みんなお腹ペコペコ。

 

速攻、ご飯を炊き。

作っておいたおかずを温め、お刺身を切り。

ほぼ盛り付けだけで準備を終えたので、午前中に頑張った自分を褒めてあげたいですね。

 

食後はこの間のヤングアメリカンズや夏祭りの太鼓、娘の体育祭のビデオ鑑賞。

 

21時頃旦那が帰宅したので、少しつまみながらお酒を付き合って、早めに寝ました。

 

 

明日は運動会。

頑張れ、息子たちよ!

中高一貫の体育祭

娘の体育祭を見てきました。

 

中学生はオマケだから

 

と言っていた意味がわかりましたね。

女子はまだしも、男子中学生はまだまだ華奢で小さい子も多いんです。

それが高校生と戦ったら。

 

大人と子供の戦いです、ホントに。

綱引きも瞬殺されました。

中学生転んじゃうの。

 

リレーなども、すごく速い!と思える中学生も、高校生と走ったらみるみるビリになって、差がひらいていく。

 

そんな感じで、何千人という規模の運動会を初めて見て。。

もはや我が子は探せませんが、高校生の動きやパワーを早い段階で知ることができるっていーなーと思いました。

 

 

玄関の床を明るくしたい

今日は、本格的に娘の部屋を作るために、クッションフロアーを買いに行って敷きました。

その時、以前から玄関も変えたくてずーっと旦那にお願いしていたのですが

 

私「ねー、玄関の床をテラコッタみたいにしたいんだけど」

 

旦那「テラコッタやなこった」

 

などと、かわし続けられてきました。

 

それが今回は諦めてくれたのか、改造の許可がおりまして。

やっと敷けました。

 

ビフォー

f:id:sukkirin:20190916202759j:image

 

 

アフター
f:id:sukkirin:20190916202109j:image

 

掃除が劇的にしやすいのよね。

床の水拭きするにもねえ。

 

気持ちイメージと違ったけど、良しとします。

 

息子の美容室の待ち時間はガスト

長男の髪を切りにでかけたら一時間待ち。

帰宅したところでダラダラするし、面倒だなと思い。

まっすぐ近くのガストでモーニング。

 

 

f:id:sukkirin:20190916093431j:image

 

息子はモグモグしている間に、英検の勉強。

ジュースやポテト、パンケーキを満喫しながらのお勉強。

 

はかどる はかどる!

場所を変えるとやる気も出るし、予約時間までさほどないから、勉強も食べるのも必死(笑)

 

英語だけでも朝のうちに終わらせてくれたら、家でのケンカが減るから平和なのよねー。

次男はアプリでどんどんインプット中

まだ小1の次男。

勉強も難しくもないので、苦手意識はありません。

漢検の勉強は、しり漢、というかわいいウサギさんが出てくるアプリで勉強中。

 

頑張るとキャラクターが増えたり、着せ替えができたりと楽しいみたいです。

 

算数も、掛け算に憧れがあるようで。

上二人のときは、CDなどで歌って覚えたりもしましたが。

この子は何となく、掛け算の仕組みを理解していて、頭の中で計算しています。

 

4×4なら

4+4が8だからー、8+8で16だ!

 

という具合に。

この計算がなかなか早い。

紙に書いたり、指を使わなくても出来ています。

すごいな、頭のメモ帳で計算してるんだよな?

と感心しています。

いかんせん、今の私は頭のメモ帳に何を書くんだったかしら?というくらい、物忘れが激しいものでね(笑)

 

で、掛け算もアプリで遊んで覚えています。

暗記より絶対いいなと思えます。

上の子たちは

 

×7とかだと、延々×1から無意識に唱えていたから時間がかかるし、暗記間違えたらおしまいだし。

でも次男は理解しているから、そういうミスはきっとしないだろうなと思うのです。

 

末っ子ということもあり、姉や兄がやってる面白そうなことはなんでもやりたい。

 

チャレンジタッチの歴史ゲームは、兄と同じくらいのレベルで遊んでいます。

内容は理解できなくても、人の名前と出来事の名前だけはインプットされてます。

 

兄と星座カルタをすれば、負けん気が強いのでスピードで負けても、カルタの星座は全部覚えました。

 

パソコンを使ってローマ字も覚えてきました。

コナンのタイピングソフトを兄があまりやらないので、次男が遊んでいます。

兄より早くブラインドタッチができるようになる日も、遠くなさそうです。

 

小さい子はすごいね。

なんでもどんどん吸収してしまう。

 

いわゆる教育ママ!ではありません。

が、やりたいならなんでもやらせちゃいます。

だから成長が早いのねー。

 

次男が今やりたがっているのは、素数のゲーム。

姉がやっているから。

意味もわからずいじっていますが、当然スコアは悪いから悔しいみたいで。

掛け算を覚えたら、割り算の理解も早いだろうから、そしたらハマるかな?

 

小2で素数を覚えていたら、その後楽だろうなーとちょっと思いますね。

 

しかしいくら勉強といえども、やはり目を使ってると疲れるし休ませたい。

そこで運動を取り入れています。

というか、些細なことですが。

 

50メートルを10秒で走れるとして。

10秒間、ダッシュで階段の一段を登りおりするだけ。

踏み台昇降みたいに。

これが疲れるらしいですね。

 

勉強していても眠くなると、タイマー持って一人でやってました。

そして爽やかな顔をして戻り、また勉強しています。

 

この練習、どんな子でも短距離は速くなるらしいと聞いて、次男に伝えたんです。

そしたら、リレーの選手だし頑張らないと!と思ったのか、かっこいいと思われたいのか、日課になりました。

 

次男のすごいところは、一度始めたら続ける力があるところ。

私なんて、ダイエットでもストレッチでも、張り切っても長続きしないのになあ。

長男は私に似たのか?(汗)

 

何はともあれ

勉強はゲームみたいに楽しいものだ

コンプリートするまで上を目指したい

 

の精神が続くといーなーなんて思っています。

親の欲ですが、上手く育てば勝手に好きで勉強して、やりたいことも見つけられる人になれそうだから。

自分の人生、自分で選んで満喫してほしいなと。

それが私が目指す子育てのゴールだから。

 

そのためにも母はイマドキについていけるように、情報収集を頑張ろうと思います。